トップページ > 施策のご案内 > 地方創生 > 石川県羽咋市での「RESASを活用した政策立案ワークショップ」開催結果について

石川県羽咋市での「RESASを活用した政策立案ワークショップ」開催結果について

最終更新日:平成29年3月8日

本件の概要

  内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)は、地方自治体による様々な取り組みを情報面・データ面から支援するため、平成27年4月より、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」 を提供しています。
 「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用している地方自治体に、産業・観光・人口等の分野の有識者を派遣し、RESASを活用した政策立案等に関して自治体職員と議論を行うとともに、RESASを用いた分析へのアドバイスを行うワークショップを、石川県羽咋市で開催いたしました。
 経済統計や地域研究の専門家であり、全国の大学に先駆けてRESASを活用した授業「統計学で未来を見る」を実施されている金沢大学の松浦義昭専任講師の参加を得て、羽咋市の農業の六次産業化と平成29年7月にオープン予定の道の駅に係る課題を見える化し、作り手側、売り手側双方からの意見交換を行いました。羽咋市職員、JAはくい職員、道の駅職員が課題を出し合い、能登半島の観光の入口の拠点としての機能とともに、地域商社機能のツールとして生産者、加工業者、地域住民が潤う道の駅のあり方について共有することができました。
 結果概要については、こちらPDF形式(PDF形式:1.5MB)をご参照ください。

○開催概要
 日時 :平成29年2月28日(火)13:30~16:00
 場所 :石川県羽咋市役所401会議室
 主催 :中部経済産業局
 テーマ:農業の六次産業化と道の駅
 有識者:松浦 義昭 氏 (金沢大学 国際基幹教育院 専任講師)

※RESASとは:人口、産業、観光等の地域経済に係わる様々なビッグデータを収集し、わかりやすく「見える化(可視化)」する経済分析システムです。

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 企画課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-2694
FAX番号:052-951-0557

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク