トップページ > 地方創生 > 岐阜県下呂市、美濃加茂市ほか5自治体 広域連携による「RESASを活用した政策立案ワークショップ」開催結果について

岐阜県下呂市、美濃加茂市ほか5自治体 広域連携による「RESASを活用した政策立案ワークショップ」開催結果について 

最終更新日:平成29年2月23日

本件の概要

  内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)は、地方自治体による様々な取り組みを情報面・データ面から支援するため、平成27年4月より、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」 を提供しています。
 今年度も内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)、内閣府(地方創生推進室)及び経済産業省では、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用している地方自治体に、産業・観光・人口等の分野の有識者を派遣し、RESASを活用した政策立案等に関して自治体職員と議論を行うとともに、RESASを用いた分析へのアドバイスを行うワークショップを、全国各地で開催しているところです。
 この度、2月9日(木)に今年度第8回となるワークショップを岐阜県下呂市で開催いたしました。観光分野の専門家である首都大学東京 都市環境学部 清水哲夫教授の参加を得て、7自治体連携による「観光、産業、ひとづくり」をテーマに人口ダム機能を持った自治体(美濃加茂市)と後背自治体との連携施策について、下呂市長、美濃加茂市長の出席のもと、観光や産業振興における連携及び施策展開についての大枠の合意を得ることができました。
 結果概要については、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局のプレスリリース(PDF形式:1,178KB)PDF形式をご参照ください。

○開催概要
 日   時:平成29年2月9日(木) 9:30~12:00
 場   所:岐阜県下呂交流会館 マルチスタジオ(岐阜県下呂市 森2270−3)
 連携自治体:下呂市、美濃加茂市、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村
 テ ー マ:観光・産業・ひとづくり~人口ダム機能を持った自治体と後背自治体との連携施策~
 有 識 者:清水 哲夫 氏 (首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース教授)

※RESASとは:人口、産業、観光等の地域経済に係わる様々なビッグデータを収集し、わかりやすく「見える化(可視化)」する経済分析システムです。

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 企画課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-2694
FAX番号:052-951-0557

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク